転職を考える時

私は転職を何度かしたことがあります。
転職の一番の原因は、仕事が自分に合っていないと感じたことがきっかけでした。
ホテルでフロント担当だったんですが、最初は覚えることも多く接客にも苦手意識があったので大変でした。
でもようやく慣れてきたことに後輩を指導するように言われました。

この時、私には本当にこの仕事に向いていないんだと実感したんです。
接客も指導もどちらも無理だ、と転職を考えました。

もともと事務系の資格を持っており、それを活かせる職種がよかったんですが、
ホテルの事務希望だったのにフロントに配属になってしまったんですよ。

だから次こそは事務系の仕事を、と思い職安に通いました。

職安で紹介された事務の面接を行い、やっと就職が決まりました。
そこで3年ほどがんばりましたが、今度はそこの部署が都内に引越すことになり、
通えないので退職するしかありませんでした。

転職先はその会社の紹介だったので、自分では選べませんでした。
ラクだったけれど給料は下がってしまいました。

今は職安だけでなく、求人情報サイトがいろいろあるので職を簡単に探せるようになりましたね。
昔は新聞の折込チラシを見たり、職安に通ったり、求人誌を見るくらいしか方法がなかったので、便利になったなと思います。

少しでも条件のいいところを見つけて、再就職するには便利ですね。

Comments

Comments are closed.